NEWS

【プレスリリース】マスク不足による福祉崩壊を防ぐ。「#福祉現場にもマスクを」プロジェクトを4団体で発足。

【プレスリリース】マスク不足による福祉崩壊を防ぐ。「#福祉現場にもマスクを」プロジェクトを4団体で発足。

#福祉現場にもマスクを

今、「マスクが足りない」という声は日本中から聞こえてきています。
「医療現場で足りない」「保育園で足りない」「ホームレスにも足りない」。
けれども、障害児・者福祉の現場にもマスクが不足していることは、
まだまだ、あまり知られていません。

福祉の現場では、さまざまな理由から、濃厚接触が避けられず、
感染リスクが高い環境の中で、不安な業務をおこなわざるをえない人たちがいます。
たとえば、身体障害がある人の食事や歯磨きなどの介助。
どんなに感染リスクが高くても、障害がある人が日常生活を送るためには、必要な仕事です。

一枚でも多く、一カ所でも多い福祉現場にマスクを届けるために。
一般社団法人障害攻略課、NPO法人D-SHiPS32、一般社団法人Get in touch、株式会社ヘラルボニーがひとつになり、深刻なマスク不足にある福祉の現場をサポートするプロジェクト「#福祉現場にもマスクを」が立ち上がりました。

 

【#福祉現場にもマスクを 特設サイト】
http://www.fukushimask.com

【#福祉現場にもマスクを プレスリリース】
https://00m.in/B1QFB

 

#3つのお願い

①寄付のお願い
下記の「受付口座」にて寄付金をお預かりしております。
福祉現場に届けるためのマスク購入に使わせていただきますので、
ご支援をお願い申し上げます。

【口座】
みずほ銀行 新宿新都心支店 普通1709670
特定非営利活動法人D-SHiPS32(テ゛ィーシッフ゜スミニ)

※上記口座へ送り込みください。(1口2000円)
※お預かりした寄付金は、主としてマスク購入費や郵送費に活用させていただきます。
(コロナ感染拡大予防に関する状況がの状況が日々変わっていますので、
活用させて頂く内容が変わっていく可能性もございますのでご了承ください)
※領収書発行は電子ファイルでお送りさせて頂きます。領収書が必要な方は以下にご連絡ください。
1.お名前 2.メールアドレス 3.住所 を「mask.ds32@gmail」お送りください。

または、こちらのページより寄付をお願いします。
https://syncable.biz/campaign/992/

 

②マスク寄付のお願い
マスクの寄付もお待ちしています。サージカルマスク、不織布マスクなど、
市販で売られているマスクや、政府から支給された布マスクに余分がございましたら
是非寄付をお願いします。

〒 135-0053 東京都江東区辰巳3-18-20
八大(株) 福祉マスクセンター 行き

 

③拡散のお願い
是非本プロジェクトをSNSなどで拡散してください。
福祉現場の状況をまずは知っていただくことに、大きな意味があります。

 

#マスクをお求めの福祉現場の皆様へ

●寄付マスクを入手する
寄付金が集まり次第、マスクを購入し、福祉現場の皆様へ順次発送します。
マスクをご希望の方は以下よりお申し込みください。

【入力フォームリンク】
https://docs.google.com/forms/d/1XbpUlvllDnBOY2XURjHB-wZolb9Qm2eWgsCPns16Ksg/edit

※配送料は自己負担とさせていただいております。
※関東近郊(東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城)限定
(今後エリアを拡大することも計画しています)
※該当業態:生活介護事業所、就労移行支援事業所、就労継続支援事業所、グループホーム、施設入所支援などの障害福祉サービス事業所、放課後等デイサービス、児童発達事業所やセンター、訪問看護ステーション、リハビリテーションセンターなど。
※時期や状況に応じて長くお待たせしてしまうことも予想されます。予めご了承ください。

 

●マスクを購入する
福祉現場に、優先的に販売できるマスクを確保しています。
こちらからご購入ください。
【マスク 販売サイト】
https://mask-for-fukushigenba.myshopify.com/

※納品までの時間は、時期や状況によって変動します。予めご了承ください。
※業者から特別なルートで入手したマスクです。寄付されたマスクではありません。