NEWS

【河北新報|メディア掲載】「#福祉現場にもマスクを」プロジェクトが河北新報に掲載

【河北新報|メディア掲載】「#福祉現場にもマスクを」プロジェクトが河北新報に掲載

「#福祉現場にもマスクを」プロジェクトが東北最大の新聞社河北新報の記事として掲載致しました。

「マスクの在庫が不安」などの福祉施設の声を受け、知的障害のある芸術家の作品販売などを手掛ける企画制作会社「ヘラルボニー」(花巻市)など、障害者福祉に携わる全国の4団体が企画した。
配布対象は放課後等デイサービスや訪問介護ステーション、リハビリ施設など。当面は感染者の多い東京近郊から希望を募り、マスクの在庫が増えれば東北など全国に範囲を拡大する。中国から不織布マスクを確保できる見通しも立っており、購入や郵送にかかる費用の寄付も募る。

ヘラルボニーの松田崇弥社長は「パニックになった人の介助などで濃厚接触にならざるを得ない現場だ。できるだけ多くのマスクや資金を寄せてもらいたい」と話した。※記事より一部抜粋

●掲載記事はこちらから

https://www.kahoku.co.jp/special/spe1211/20200427_11.html