突然ですが、あなたのは何ですか?

ヘラルボニーは創業以来、障害のある人のこだわりや才能をあえて
と捉え活動してきました。
この言葉には「障害福祉」に対するネガティブなイメージを
払拭したいという強い想いが込められています。

とは、いわば「普通じゃない個性」。
しかし、それは特別なようで誰にでもあるものだと思うんです。
自分が自分らしく存在し、その存在を相互に価値として認め合うことで、
一見、人とは違うことでも最大の武器になるかもしれない。

それはヘラルボニーとライセンス契約を結ぶ作家のみならず、
ヘラルボニーで働く私たちも一緒です。
さまざまな個性や得意分野、価値観を持つメンバーが一つのチームになり、
一人ではできないことを、全員の手によって創りあげていく。

を総動員すれば、きっと大きな力となり、
「障害福祉」へのイメージだって、きっと変えられるはず。
その可能性を、ヘラルボニーは信じています。

あなたのを、社会を変える最大の武器に。

Movie

「異彩を、放て。」というミッションを掲げるヘラルボニーには、創業当時から変わらない想いがあります。
ヘラルボニーという共感の傘に集まった仲間の声を聞いてください。

Message

TEDxTohoku

ヘラルボニーを、
100年後も残り続ける価値へ

採用ページをご覧のみなさん、こんにちは。
ヘラルボニー代表の松田崇弥・文登です。

私たちは、日本全国の福祉施設でアート活動をする主に知的障害のある作家たちとライセンス契約を結び、
そのアートをさまざまなモノやコトやバショに落とし込み、障害福祉の新たな可能性を拡げていく活動をしています。

2018年7月。「自閉症の兄が幸せになる社会を、人生をかけて実現したい」という一心でヘラルボニーを設立しました。
創業から現在に至るまで、多くの方々に支えられながら、企業として成長することができました。
一生、忘れることのない人との出会いもありました。改めて、この場を借りて感謝を伝えさせてください。

その一方で障害福祉への偏見による、つらい体験も幾度となくしてきました。
「なんでこうなっちゃうのだろう」「なんで伝わらないのだろう」。
そんな悔しい思いも、数え切れないくらい味わってきました。

障害福祉への期待と、社会に根付く障害福祉への偏見。その両方を味わいながらも、
ヘラルボニーは少しずつではありますが、
「知的障害のある人とその周りが幸せになる社会」の実現に向けて一歩ずつ、着実に歩みはじめています。

創業から4年。ヘラルボニーは新たなステージへと進もうとしています。
これまで育んできた価値を、流行り廃りではなく、残り続ける価値に変えていく。
そんな変革期を、新しい仲間と一緒に突き進んでいきたいと思っています。

障害福祉への偏見を、そして社会の常識を、一緒に変えていきましょう。

ヘラルボニー
松田崇弥・文登

Why Heralbony

アカウントシニアマネージャー
新井 博文

自分にとって意味がある営みが
ヘラルボニーだった

自分にとって意味がある営みだと確信できた――34歳、2人の子どもを持つ私が転職先としてへラルボニーに関わろうと思った理由です。年齢を重ねるたびに、仕事にはさまざまな面があることを知りました。「生活を営むための労働」を意味する生業としての側面は色濃くありますが、果たして自分にとって仕事とは、この側面だけかと考えると、答えはNOです。私にとって仕事とは、生業であり、多彩な人たちとの関わりで人生が豊かになる手段であり、社会に意味を与えられる方法であり、子どもたちへのメッセージです。

へラルボニーはまだまだ成長ポテンシャルの高い福祉領域においてチャレンジするスタートアップです。もちろん課題は山積みです。ですが、ヘラルボニーで働くメンバーは、前向きで誠実。そして、ユーモラス。入社前、メンバーと対話を重ねるうちに、ここであれば、子どもたちに「あなたの個性は可能性に満ち溢れている」というメッセージを与えることができると確信しました。

ヘラルボニーの全てのことは「自分にとって意味のある営み」です。だからこそへラルボニーに関わろうと思いましたし、いまではその意味をより深く感じています。

エグゼクティブディレクター
関 玲子

人の輝きは、
差別を乗り越える力を持っている

「差別は人を悲しませ、人の輝きは差別を乗り越える」と思っています。半世紀の人生、それなりに事件が勃発してきましたが(笑)、「差別」に関して自分の価値観を強く持つ出来事がありました。 小6の後半に父の仕事の関係でロスに移住。住みはじめた地域は白人社会で人種差別が多いエリアでした。私が引っ越したばかりの頃、「JAP」「NIP」と呼ばれ、ランチを食べていた時にリンゴを投げつけられた事も。ハロウィーンの時は、家の駐車場にシェービングクリームで「NIP go home」と書かれたり。

ある日、体育の授業で行われた1マイル走をぶっちぎりの1位でゴールしたことがありました。その時、差別をしていた人たちは私を抱擁し賞賛してくれたんです。違う事を差別する人間。でも人の輝きはその差別を乗り越える力を持っていると感じた瞬間でした。

健常者、障害者。世の中には、あらゆる差別が間違いなく存在します。それは、もしかすると動物の本能なのかもしれない。でも、人の輝きを認めるという、人間ならではの英知でその差別は乗り越える事が出来るのも事実。アートという優れた才能を持つアーティストの輝きを世に放ち、差別という概念に問題提起をするヘラルボニー。そこに共感し、いま私はヘラルボニーに参画しています。

EC/マーケ マネージャー
北村 茉里映

ヘラルボニーという船に乗り、
新たな航路を進みたい

「仕事をする」ということを続けて10年目。さまざまに変化していく世界に身を置くなかで、一度しかない人生、「生活のための仕事」と割り切るのではなく、本当に「”やりたい”と思える仕事」にこの身と時間を費やすべきではないのか。そんなことを思った時に、まず頭に浮かんだのがヘラルボニーでした。

心から愛するアートの力を生かして、「”普通”じゃない」を肯定すること。それをしっかりとビジネスとして成立させ、世の中に広げていく。攻めた形で、切り込んでいく。たくさんの人の心を動かしていく。そして、世の中の概念を変えていく。私がずっとやりたかったことと、「仕事をする」ということが、こんなに綺麗に繋がっている場所は、ここだけです。

「仕事をする」とは何なのか。私は、同じ志を持った仲間たちと、一人では漕げないような大きな船に乗って、船を漕ぎ続けるための燃料を生み出しながら、実現したい未来に向かって進んでいく営みだと思っています。私は迷いなく、このヘラルボニーという船に乗ることを決めました。船は今日も、たくさんの笑顔と情熱を乗せて、新たな航路を進んでいます。

Values

ヘラルボニーには企業として大切にする6つのバリューがあります。
ヘラルボニーで働くメンバー全員がこの行動指針をもとにミッションに向かって歩んでいます。

1 .じぶんが、主役だ。

好奇心や達成意欲など自分の感情を大切に、思い描く未来を叶えよう。
主体的にみずから動き、遂行しよう。

2 . ちがいに、リスペクトを。

仲間ひとりひとりの価値観や意見の違いを認め、その違いをチームの強みに変えよう。
目標の達成に向かうために積極的に語りあおう。

3 . クリエイティブに、はみだそう。

常識にとらわれない、新たな価値を届けるために。アイデアを尊重し、より良いアイデアへとふくらまそう。
そして誇れるクオリティのアウトプットを探求しよう。

4 . 作家ファースト。

多彩な作家がいてこそのヘラルボニーだ。それぞれの魅力を深く理解し、強い伴走者を目指そう。
さらにその家族や、福祉施設の幸せまで追求しよう。

5 . 変化を、届ける。

社会や、会社や、自分自身の変化を歓迎しよう。
そして福祉領域における変化の作り手となり、積極的に“変化の兆し”を発信していこう。

6 . 福祉領域を、拡張しよう。

新たな文化を築くためにも、営利企業としての成長にこだわろう。
福祉領域の経済循環をつくりだし、しっかりと利益を生み、正当な対価を届けていこう。

Services

ヘラルボニーは、4つの事業を展開しています。LIFESTYLE、TOWN、LICENSE、そしてWELFARE。
それぞれの特徴を活かしながら、障害福祉の新たな可能性を拡げていきます。

Members

career_ota
大田雄之介
コーポレート部門シニアマネージャー

通関士として国際物流業界の最大手スタートアップを経て現職。盛岡本社でスタートアップバックオフィスとして、人事、経理、財務、法務、総務と業務領域は多岐に渡る。学生時代は卓球に打ち込み、宮城代表として東北大会に出場、岩手代表・両代表の松田双子とはよく対戦するライバル。ヘラルボニー発足の段階から事業を推進するヘラルボニーの精神的支柱。SaaSが好き。

career_itorr
伊藤良太
HR部門シニアマネージャー

HR部門シニアマネージャー。小学4年生から始めたバスケも今年で20年目。新卒では、大手損保社員の営業マンとして4年間勤務。その後、岩手県のプロバスケ選手へ転身し、3年間キャプテンを担う。異彩の転身を体現し、一人ひとりが挑戦しやすい社会の創造を目指す。苦手な SNS克服に向けて、日々投稿中。

career_arai
新井博文
アカウント部門シニアマネージャー

一般社団法人シェアリングエコノミー協会の事業開発部長を経て現職。中学生の頃に地元の暴走族に入り、16歳から18歳まで少年院で過ごす。23歳の時、初海外で世界一周へ。帰国後、地球一周の船旅を企画するNGOピースボートに就職。シェアリングエコノミーという概念を伝導してきた人間力、少年時代に培われた対人感受性、世界を股にかけて吸収した肌感覚を、ヘラルボニーに注入する。二人の子どもとたわむれる日々をすごす父親でもある。

career_komori
小森樹子
リテール部門シニアマネージャー

ブランドマネージャー。小中学生時代をアメリカで過ごす。大学卒業後、「障害のない社会をつくる」をビジョンに掲げる株式会社LITALICOにて、療育指導・新規店舗開設・教室マネジメントに従事。新規事業開発を経験後、入社10年の節目を期に、ヘラルボニーにジョイン。「HERALBONY」ブランドが放つ心躍る体験を通じて、新たな文化・思想を広げ深めることに邁進。特技は、リアクションが大きいこと。休日は、2人のわんぱくな子どもと戯れる。

career_tamaki
玉木穂香
マーケティングコミュケーション部門
シニアマネージャー

約1年半のインターンを経てヘラルボニーに新卒で入社。岩手本社勤務。事業成長を加速させる戦略的広報プランニングに従事。これまでに資金調達リリース「ヘラルボニーシリーズA 資金調達を実施」、オリジナルウィークリープロモーション「HERALBONY BUDDY WEEK」、ヘラルボニー初となる選挙アクション「#CAREVOTE」などのディレクションを手掛ける。ミナペルホネンの熱狂的ファン。

career_itot
伊藤琢真
アカウント部門タウンマネージャー

住宅メーカー・積水ハウスの営業としてファーストキャリアを歩む。その後、独立経験を経て現職。全日本仮囲いアートミュージアムを中心に、セールスを担当。中学生のとき、従兄弟が統合失調症であることを知る。「障害」という枠にとらわれる社会の息苦しさが原体験となり、ヘラルボニーにジョイン。ラジオ、コーヒーとアンティーク家具が趣味の1991年生まれ。

career_kitamura
北村茉里映
リテール/マーコム部門
EC/マーケマネージャー

株式会社ボルテージにてマーケティングマネージャー職を経て現職。創作折り紙が得意な自閉症の弟を持ち、アートを通じて"普通じゃない"を肯定することに激しく共感し、ヘラルボニーにジョイン。デジタルマーケティングの経験を活かし、EC運営やwebサイトディレクションなどを担当。音楽を愛し、自ら音楽活動も行う。その他演劇や映画・絵画など芸術全般を好み、毎週何かしらの鑑賞を欠かさない。お酒も大好き。

career_fukita
吹田奈穂子
アカウント部門ライセンスチーフ

日本IBMでエンジニア職、カフェスタートアップの株式会社カンカクでは3店舗の立ち上げに従事し、マネージャー職を経て現職。店舗で多彩な仲間と日々接するなか「ありのままの姿を肯定する社会」について考えるようになる。偶然お客様として来店した代表に声をかけたことが転機となり、ヘラルボニーにジョイン。高校生の時から続けているHIPHOPダンスは自分と向き合う時間。何時間でも寝れる。お酒は少し弱い。愛猫の名前は睦(むつ)。

career_tanno
丹野晋太郎
アカウント部門
ライセンスチーフ/デザイナー

東北博報堂の営業を経て、現職。岩手県・陸前高田市が故郷。震災をきっかけに、生きていくこと、死んでいくことを肌で体感、”伝える”を仕事にするべくクリエイティブの世界へ。クライアントワーク及び自社事業全般の企画制作推進を担当。デザイン業務にも従事。ラーメン二郎をこよなく愛する。

career_nakatsuka
中塚美佑
リテール/マーコム部門 MD/SNSチーフ

トゥモローランド販売、SNS運用を経て現職。アートライフブランド「HERALBONY」を中心に、ソーシャルマーケティング、ストアマネージメント、PRを担当する。1歳上の兄が知的障害を伴う自閉症であったことを原体験として、ヘラルボニーに転職。レシピを考案するほどに料理が好き。インスタグラム @iiimiiiu のフォロワーは2万人を超える。


Benefits

ヘラルボニーには、個人がバリューを最大限発揮するための働き方をサポートするベネフィットがあります。

本の購入に関する制度

  • ・ヘラルボニーメンバーが本制度を利用してインプット量を増やすことで、良いアウトプットを増やしていき、社内外に良い影響を与える循環を起こすことを目的としています。
  • ・書籍のジャンルを問わず、書籍の購入費を月額5,000円まで補助します。

芸術文化に関する制度

  • ・ヘラルボニーメンバーが障害福祉分野だけでなく、文化 /芸術の知見を取り入れ、良いアウトプットを増やしていき、社内外に良い影響を与えられる循環を起こすことを目的としています。
  • ・建築 / 彫刻 / 絵画 / 音楽 / 文学 / 演劇 / 映画 / メディア芸術の芸術文化に関する費用を月額5,000円まで補助します。

拠点間の交流費に関する補助制度

  • ・ヘラルボニーメンバーが本制度を利用して異なる拠点間のメンバーと交流を深めること、異なる拠点の文化等を体験することで、チーム全体に良い影響を与える循環を起こすことを目的としています。
  • ・交通費と宿泊費の費用を補助します
    (年1回利用可能|補助上限あり)

生理休暇に関する制度

  • ・ヘラルボニーメンバーが本制度を利用することで 、誰もが健康的に、安心して働くことのできる労働環境と風土づくりを目的としています。
  • ・“生理休暇”とは、労働基準法で規定された休暇制度で、生理による体調不良などで働くことが困難な場合に休暇を取ることができます。

Open Positions


FAQ

選考のプロセスについて教えてください。

書類選考後の面接回数は最大3回程度です(状況に応じて、変動はございます)。形式がオンラインか対面での面接となります。詳細はメールでお送りいたします。なお、応募から内定までは約2〜4週間となりますが、応募者さまのご都合に合わせたスケジュールを想定しております。

まずは気軽にお話しを伺いたいのですが、そのような機会はありますか。

ございます。Meetyを通じて、カジュアル面談を実施しておりますので、こちらをご確認ください。また、不定期に採用・事業説明会なども開催しています。 説明会については、公式ホームページ、各種SNSで告知いたします。 

ヘラルボニーで働くみなさんの、ワークスタイルを教えて下さい。

岩手・東京にはオフィスがあるため、オフラインでの業務環境が整っております。個人の状況に応じて、リモートワークも可能です。

今後、岩手や東京以外のエリアでの採用は行われますか。

今後、札幌、仙台、金沢、名古屋、京都、大阪、福岡など全国的に拠点を増やすとともに、各拠点ごとの採用も行っていく予定です。 応募開始時には、公式ホームページ、各種SNSで告知いたします。 

新卒採用は行っていますか。

行っております。ただし、3ヶ月間の有償インターンを必須としているため、参加をお願いしております。例年、7月に大学3年生向けにインターンの応募を開始する予定です。応募開始時には、公式ホームページ、各種SNSで告知いたします。

障害者採用は行っていますか。

行っております。特別な採用枠は設けておりませんので、希望の職種にご応募ください。

給与について教えて下さい。

一律の給与ではなく、個人のスキルやバリューによって、個別のオファー(年収)が提示されます。(年俸制、年俸の12分の1を毎月支給・ 毎年1回見直し)


Article

採用イベントレポート

「障害」への眼差しを変える10年が始まる。ヘラルボニーと共に歩む仲間を募集。創業初となる採用イベントをレポート

もっと読む
新経営メンバー募集

ヘラルボニーが新経営メンバー等を募集。未来、一緒に福祉を、社会を変える仲間へ

もっと読む

More see

note

ヘラルボニーマガジン

「異彩を、放て。」をミッションに掲げる福祉実験ユニット「ヘラルボニー」の好奇心マガジン。

twr-1

松田崇弥・文登(双子起業家)ヘラルボニー

@heralbony_twins / Twitter