NEWS

【名古屋拠点新設|NEWS】作家と地域をつなぎ、「障害」のイメージ変容に挑む

【名古屋拠点新設|NEWS】作家と地域をつなぎ、「障害」のイメージ変容に挑む

この度、2021年2月1日より「名古屋拠点」を開設することをお知らせいたします。岩手・東京に続き、3拠点目となります。

RAYARD Hisaya-odori Parkにて、2020年9月18日から2021年1月31日まで長期出店した「HERALBONY Sustainable Museum」の立ち上げを担当した大田雄之介が名古屋拠点責任者として着任します。

出店期間中、新たに東海地区の福祉事業所様3社とアートマネジメント契約を締結したことから、作家と地域をつなぎ、「障害」という言葉のイメージ変容により一層取り組むべく、新設を決定いたしました。

 

■名古屋拠点 概要

・住所:〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野2丁目14−1
・名称:なごのキャンパス

契約を締結した福祉施設(締結順)

・特定非営利活動法人希望の園(三重県松阪市)
・認定特定非営利活動法人ポパイ(愛知県名古屋市)
・社会福祉法人さふらん会(愛知県名古屋市)

■お問い合わせはこちら

お問合せフォーム