【日比谷花壇×ヘラルボニー】コラボレーションイベントを開催。

株式会社ヘラルボニー(以下、ヘラルボニー)が運営するアートライフブランド「HERALBONY」は、株式会社日比谷花壇(以下、日比谷花壇)と2022年1月16日に京都の百貨店藤井大丸にてコラボレーションイベントを開催いたします。HERALBONYが契約する福祉施設「アトリエやっほぅ!!」に在籍するアーティストがアートを描いた花器と、日比谷花壇デザイナー仲村宙氏が生けた花のセット販売をいたします。

 

今回は、ヘラルボニーが契約する京都市にある福祉施設「アトリエやっほぅ!!」に在籍する作家と「日比谷花壇」デザイナーの仲村宙氏によるコラボレーションイベントを「HERALBONY」藤井大丸期間限定ポップアップショップ内にて開催いたします。本イベントは、廃棄寸前の花器に障害のある作家がアートを描き、その作品に日比谷花壇のデザイナー仲村氏がお花を生け、花器とお花のセット販売をいたします。

 

■イベント詳細

商品名:Atelier Yooho!! × HIBIYA KADANコラボレーションフラワーセット
商品価格:¥3,300〜¥8,800(税込)
※サイズやデザインによって価格が異なります。
開催日時:2022年1月16日(日)14:00〜16:00 ※時間が変更になる場合がございます。
入場料:無料
店舗情報:藤井大丸百貨店 5F特設スペース
【住所】〒600-8031 京都府京都市下京区貞安前之町605
【営業時間】10:30〜20:00 ※12月31日(金)は18:00閉店。1月1日(土・祝)は休館日。
【会期】2021年12月3日(金)〜2022年1月30日(日)
※最新の営業時間は店舗ホームページをご確認ください。
https://www.fujiidaimaru.co.jp/

 

●参画アーティスト

39365-123-72db6d495b18957e125ee46878b48a4b-348x348

作家:国保幸宏氏(アトリエやっほぅ‼︎)
独特の不思議なメロディーの歌を口ずさみながら力強く制作する国保。彼の描く絵はもちろん、その不思議な、ちょっぴり哀愁漂うメロディーにも心惹かれてしまう。オイルパステルやアクリル絵具を大胆に使い、描いては上描きを繰り返すので何層にも重なった絵はずっしりとした重みがある。

 

39365-123-b0199f7c3cfd9a8a1c62b1376961a75a-2400x2400

作家:木村全彦氏(アトリエやっほぅ!!)
強い筆圧でぐいぐい。キュニキュニと呼ばれる独特の楔型模様を編み出した。そのため、絵には奥行、立体感が生まれる。絵の題材は動物から静物画まで様々だが、どの作品も彼独特の画風で異彩を放っている。作品は国内外で評価されるが、本人は外界の雑音には無頓着。

 

39365-123-b39a5d4f99bf6e15306f009b71033f3d-2400x2400

作家:肥後深雪氏(アトリエやっほぅ!!)
アトリエやっほぅ!!ではみんなのお姉さん的存在で、その時の気分で色鉛筆、水彩絵具、刺繍糸などを使い分けて自由な作品制作をしている。作品に登場する生き物や植物は可愛らしいものから作者本人にもわからない不思議なものまで様々。どの作品も優しさがにじみ出るカラフルな世界が広がっている。
 

39365-123-30105dee452633463048e79053eab826-2304x2304

作家:小寺由理子氏(アトリエやっほぅ!!)
アトリエの始まった2008年から陶芸や雑貨制作のイラストレーターとして活躍。動物のイラストからはじまり、現在は日本や世界の建物などを中心に作画。いくつかのパターン化された鮮やかな配色が特徴的。大胆なモチーフの捉え方が合わさってパワフルで楽しい作品が生まれる。最近は貼り絵や絵具などにも挑戦中。

 

39365-123-a0419fea8a718f7b31361bffd4419521-1324x1324

作家:吉田裕志氏(アトリエやっほぅ!!)
元々陶芸を中心に活動され、2014年から作画も本格的に始める。最初はオイルパステル中心で動物を描かれていたが、風景や街、人物など幅広いテーマを描くようになるにつれて色鉛筆に変わっていった。写真をよく見て描いているが実際の色より鮮やかでポップな色になるのが特徴。特に人物はどんな人も陽気でユーモラスに仕上がり、観る人を楽しい気持ちにさせてくれる。

 

39365-123-977e7e836c7d0755e7d642813d1a103a-3900x3901

作家:下嶋千佳氏(アトリエやっほぅ)
幼少期から作曲活動をして、ジャズユニットのピアノ担当で各地でライブ活動もしている。
コミック「ポピュアテニス」を生み出した彼女の頭の中は、常にそのキャラクターと自作の音楽で満ち足りている。創作中は自作曲を聞きつつセリフを口にしながら、その世界に入り込んでいる。そして最近はコミックを元にした動画作成が創作に中心で、彼女の想像力はジャンルを軽く超えて拡大中である。

 

 協力企業|株式会社日比谷花壇
公式サイト| https://www.hibiya.co.jp/