【丸井グループ×ヘラルボニー】利用額の0.1%を福祉を支える力に変えるヘラルボニーエポスカード誕生。

 

株式会社丸井グループと資本業務提携を締結し、2021年11月より新たな提携クレジットカード「ヘラルボニーエポスカード」を発行しました。

 

スクリーンショット 2021-11-01 15.35.29

 

へラルボニーエポスカードは、お買い物でのご利用金額に 応じた加算ポイント(200円につき1ポイント・還元率0.5%)から、ご利用金額の0.1%分を、お客さまに代わってエポスカードがへラルボニーに還元します。

また、カード新規入会1件につき1,000円が、エポスカードよりへラルボニーに還元されます。これらは、へラルボニーを通じて、知的障害のある作家の創作活動の支援とその普及や、ギャラリーの運営、また福祉団体への寄付として使用されます。

カードの詳細はこちら→

 

 


■参画アーティスト


図1-3
作品名:「宇宙」

作家:嶌岡 史絵(Fumie Shimaoka)   
在籍: サポートネットワークきりん(大阪府)

彼女の作品の特徴は、独特の色彩感覚でコツコツとちいさなマルやセルを繋げ、好きなモノや想いを描く。当初は、モノクロの作品を描いていたが、次第にたくさんの色を持ち、形を 変え、欠片は増殖していき徐々に現在の作風が確立されていった。高校卒業時の色紙に彼女が記した座右の銘は、「人生予期しないことが起こるからおもしろい」。現在は、作業所に通いながら、家族と夕食を囲んだ後のテーブルで、のんびりと創作活動を楽しむ毎日を過ごす。

2

作品名:「(無題)」※カードデザインは横向きで展開

作家:佐々木 早苗(Sanae Sasaki)   
在籍:るんびにい美術館(岩手県)

絵画のみならず織り物、切り紙、詩集など、いずれも綿密で色彩と  構成の妙に富む様々な表現を生み出し続けている。彼女は一つの 仕事に数か月から数年集中して取り組んだあと、不意にやめて別の  仕事に移るのが常。2019年現在の彼女が打ち込んでいるのは、丸く切り抜いた紙をいくつもの色で同心円状に彩色し、塗り終わった  紙を壁に並べて貼っていくこと