【JAL×ヘラルボニー】航空機部品廃材を利用した作品展示 「#MISAWA ARTPORT 〜三沢に放たれた異彩と、廃材〜」を開催。

 

 日本航空株式会社(以下「JAL」)と、株式会社ヘラルボニーは、誰もが誰かに優しくなれるフラットな社会の実現を目指し、両社の強みを活かした取り組みを行っています。このたび、その取り組みの一環として、「#MISAWA ARTPORT ~三沢に放たれた異彩と、廃材~」と題して、青森県の三沢空港にて1月15日から3月31日までの期間中、空港内でのアートラッピングの実施や飛行機の廃材を利用した作品の展示などを行います。

 

 LPバナー   

 空港内でのアートラッピングでは、ヘラルボニーとアートライセンス契約を結んでいる作家の全15作品のアートが階段や窓ガラス、展望デッキに溶け込み空港内を彩ります。出発階の壁一面に描かれたメインデザインについては、「#MISAWA ARTPORT」の先行企画として12月上旬に開催された「#廃材アート展@羽田空港 ~アートを、飛行機を、もっと近くに~」にて、来場者の方々に向けて実施した「メインデザイン総選挙」で選ばれた作品が採用されています。

 また、JALとヘラルボニーの共創によって生まれた航空機部品廃材とアートを組み合わせた「アートブレードオブジェ」の展示や、JALの客室シートカバー(革)にヘラルボニーデザインを加えることで完成したコラボレーションバゲージタグの期間限定販売を行います。

 今後の展開としては、三沢空港以外の空港とのコラボレーション企画なども考えており、JALの翼で旅に出た先で、JALとヘラルボニーによるアート企画を楽しんで頂けるよう構想しています。

 

【「#MISAWA ARTPORT ~三沢に放たれた異彩と、廃材~」 概要】

期間:2022年1月15日(土)~3月31日(木)8:00~20:00

実施場所:三沢空港

企画内容:・三沢空港内アートラッピング

・ボーイング737-800型機エンジンブレードオブジェの展示

・コラボバゲージタグの販売

・廃材を利用した作品の展示、商品の販売 専用Webサイト :https://www.jal.co.jp/jp/ja/dom/special/aomori/misawa_art/

 

DSCF3112   DSCF3124

スクリーンショット 2022-01-14 15.16.06

 

【JAL×ヘラルボニー 「異彩と旅に出よう。 Baggage Tag」 概要】

販売予定期間 : 2022年1月15日(土)~3月31日(木)

※売り切れ次第販売終了予定

販売予定数 :

(1月15日~31日) 計80個(各色40個)

(2月1日~28日) 計100個(各色50個)

(3月1日~31日) 計120個(各色60個)

販売価格 : 2,420円(税込)

販売場所 : 三沢空港 ターミナルビル2F ショップ「スカイマートビードル」

 

バゲージタグ

 

  •